今の相場環境がどうなのかといった現状認識せずに戦略をたてるべからず

投資で爆即ちゃんねる

ビットバンクトレード





ビットバンクトレード

SBIFXトレード

投資

アップル、App Storeに「Search Ads」提供開始。検索に応じたアプリ広告を表示

投稿日:

eng-logo-2015アップルが日本国内でSearch Adsサービスを開始すると発表しました。Search AdsとはApp Store用の課金制検索広告プラットフォームで、アプリをユーザーに届けたい開発者がこれをうまく活用すれば、アプリを探すユーザーの目にとまりやすい場所にアプリの広告を表示できます。

ユーザーが手持ちのiPhoneやiPadに入れたいアプリを探すとき、だいたいの場合はApp Storeの検索欄にキーワードを入れて探します。このとき、Search Adsを使っていれば、ユーザーの検索ワードに応じて開発者は自分のアプリを優先的に上位に表示できます。

もちろんあくまで広告であるため、アプリの表示は通常のカードとは違って薄青色の背景色が付けられ、広告である旨のバッジも表示されます。それでも、ユーザーの興味を惹きつけるために最初に表示されるメリットは、開発者からすれば何にも代え難いはずです。

Search Adsは、2016年10月に米国で導入されました。2017年12月からはSearch Ads BasicおよびSearch Ads Advancedの2階建てになり英国、スイス、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドといった国々に提供範囲を拡大しています。今回は日本だけでなく、韓国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインで新たにSearch Adsの提供が開始され、合計13か国での展開となります。

日本では、7月26日午前8時にまずSearch Ads Advancedが、そして日本時間8月23日午前2時からはSearch Ads Basicが使えるようになります。

Search Ads Advancedでは開発者がアプリを検索してもらうためのキーワードを設定します。キーワードは検索マッチの結果を見て調整することもできます。さらに、ターゲットとなるユーザーの属性を新規、既存、類似アプリユーザーで指定したり、性別や年齢、地域などで細かく絞り込んだりと多様な設定が可能となります。また分析機能も充実しており、わかりやすいデータ表示で大規模なマーケティング戦略にも活用できる機能を備えます。

一方、Search Ads Basicは難しい設定操作を極力省きたい、どちらかと言えば小規模企業や個人開発者向けのサービス。広告を出したいアプリを指定して月額予算を入力すれば、あとはお任せでApp Storeにアプリ広告が表示されるようになります。管理機能もひと目で確認できる簡単なものが用意され、広告予算の変更や広告の一時停止などを自由に行えます。

もちろん、広告を出すには費用がかかります。しかし、せっかく作った渾身のアプリがなかなかApp Storeでユーザーに見てもらえないと悩む開発者にとっては、もしかするとSearch Adsは状況を一変させるツールになるかもしれません。

なお、広告費用の発生はAdvancedの場合はユーザーがその広告をタップした時のみ発生し、Basicではユーザがアプリを実際にインストールしたときに発生するとのこと。またユーザーの個人情報はAppleのプライバシー基準を遵守しており、広告主に開示したり、第三者に販売するようなことはないとのこと。

Engadget 日本版からの転載。

Source: 投資情報



babyblue.jp


ビットバンクトレード

-投資
-

Copyright© 投資で爆即ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。