今の相場環境がどうなのかといった現状認識せずに戦略をたてるべからず

投資で爆即ちゃんねる

ビットバンクトレード





ビットバンクトレード

SBIFXトレード

投資

Googleの仮想現実プラットホームARCoreが1.0に達し、13の機種で可利用に、Lensのプレビューも対象を広げる

投稿日:

これまで実験で遊んできたGoogleの拡張現実プラットホームARCoreがいよいよ1.0のリリースとなり、全世界で1億を超えるAndroiddバイスで使えることになった。

新しいPixelスマートフォンを持ってる人は、Star WarsやStranger Thingsの世界を現実世界に重ねるGoogleのARステッカーで遊んだことがあるかもしれない。今日のARCoreのローンチでは、デベロッパーが自分の作品をPlay Storeに置くことができ、プレビューできなかったスマートフォンの持ち主もスマートフォンの拡張現実を初体験できる。

GoogleはすでにSnap, Sony, Wayfare, Porscheなどの企業に声をかけて、ARCoreの本格的なアプリを共に作ろうとしている。

ARができるためには、次の機種のどれかが必要だ: Pixel, Pixel XL, Pixel 2, Pixel 2 XL, Galaxy S8, S8+, Note8, S7, S7 edge, LGEのV30, V30+(Android Oのみ), ASUS Zenfone AR, OnePlusのOnePlus 5。これは、今あるAndroidスマートフォンのごく一部、と言わざるをえないが、Googleの最終的なターゲットはあくまでも、1億のスマートフォンなのだ。

またGoogleによれば、同社は目下“Samsung, Huawei, LGE, Motorola, ASUS, Xiaomi, HMD/Nokia, ZTE, Sony Mobile, Vivo”と共同で、彼らの次の新機種にARCoreを載せようとしている。ということは、Galaxy S9は買ったときからARCoreをサポートしていることになりそうだ。

AppleのARKitとの比較、という話になると、Googleかなり同じようなものをローンチした、と言える。違いといえば、Googleの方がデジタルモデルを投影する面のサイズに柔軟性があり、そしてARCore 1.0は、“環境を正しく理解するのでユーザーは仮想オブジェクトをどんな質感の面にも置ける”そうだ。

ARKitは床やテーブルや壁など、大きな水平/垂直面を前提しているが、ARCoreは何が面であってもよい。そこで、AR作品を手のひらや枕の横などにも置けるだろう。もちろん、壁や床の上でもよい。

ARCoreはプレビューを終えて1.0になるが、コンピュータービジョンツールLensに関してはまだプレビューをやっている。でも、今後はもっと多くのユーザーが使えるようにする、と言っており、まず近日中にAndroidと9より上のiOSのGoogle Photosアプリに導入される。そうすると撮った写真に対していろんな機能がLensの機能を使えるようになり、Google Assistantのライブ機能もSamsung, Huawei, LG, Motorola, Sony, HMD/Nokiaの今後の新機種に載ることになる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: 投資情報



babyblue.jp


ビットバンクトレード

-投資
-

Copyright© 投資で爆即ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。