今の相場環境がどうなのかといった現状認識せずに戦略をたてるべからず

投資で爆即ちゃんねる

ビットバンクトレード





ビットバンクトレード

SBIFXトレード

投資

Google Assistantが年内に30あまりの言語をサポート、マルチリンガル(同時多言語)になる

投稿日:

検索大手GoogleがAmazonのAlexaに対抗して出したGoogle Assistantは、Androidスマートフォンやタブレットには最初からあり、それにiPhoneなどiOSデバイスやスマートスピーカー(a.k.a.音声アシスタント)Google Homeでも使える。そしてGoogleは今朝(米国時間2/23)、このアプリが年内に対応言語を増やし、これを動かせる全世界のAndroidスマートフォンの95%で使えるようになる、と発表した。それにまた、どれか一種類の言語で使えるだけでなく、言語を指定しなくても複数の言語で使えるようになるようだ。

後者の機能は、たとえば家では出身国の言葉、仕事などでは違う言語、という人にとって、とくに便利だろう。

Google Assistantは前から複数の言語を理解できたが、ユーザーがそれを簡単に切り替える方法がなかった。アプリの設定で言語を指定する必要があった。これからはごくふつうに、いろんな言語で話せるようになる。

Google Assistantの‘同時多言語サポート’(マルチリンガル)は、今年後半にまず英語、フランス語、ドイツ語から始まり、その後徐々に増えていく、とGoogleは言っている。

同社によると、Google Assistantのグローバル化もめざましく進展している。

そして今年は、対応言語がこれまでの8言語から30言語へと、飛躍的に増える。今後数か月内にAndroidとiPhone上でデンマーク語、オランダ語、ヒンズー語、インドネシア語、ノルウェー語、スウェーデン語を話せるようになり、年内には、Google Assistantを動かせる世界中のAndroidスマートフォンの95%で使えるようになる。

AppleのSiriやAmazonのAlexaは、これに比べると言語サポートは限られている。AmazonがEchoスピーカーを世界各国で売ったとしても、現状ではそれらの国々向けにローカライズされていない。Alexaが話せるのは英語とドイツ語と日本語だけだ。これに対してSiriの最大の強みは、20以上の言語を話せることだった。

言語サポートの拡大は、今朝発表されたGoogle Assistantのいくつかのアップデートのひとつだ。そのほかに、モバイルのメーカーがAssistantをより深く統合できるための事業Assistant Mobile OEMや、Assistantへのコマンド列Routines、位置対応のリマインダーなどが来週から展開される。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: 投資情報



babyblue.jp


ビットバンクトレード

-投資
-

Copyright© 投資で爆即ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。