今の相場環境がどうなのかといった現状認識せずに戦略をたてるべからず

投資で爆即ちゃんねる

ビットバンクトレード





ビットバンクトレード

SBIFXトレード

投資

Sonyも日本でタクシー配車サービスを開始、AI利用を差別化要因に

投稿日:

Sony Corporationの今日の発表によると、同社はタクシー会社5社との提携により、AIを使った配車サービス(ride-hailing service)*を始める。AIは主に、天候や交通事情や地域のイベントなどに基づいてタクシーの配車割当を管理し、また需要を予測する。〔*: hailとは声かけ呼び出しのこと。〕

Sonyの発表の直後には、今アジアを訪問しているUberのCEO Dara Khosrowshahiがやはり、提携先の日本のタクシー会社をもっと増やしたいと述べた。Bloombergによると、昨年の8月にUberに参加したKhosrowshahiは、日本を重要な市場機会と見ているが、同社のこれまでのアプローチは“率直に言ってうまく行かなかった”、と認めている。

Sonyの配車サービスはこの春スタートし、提携タクシー会社は Daiwa Motor Transportation, Hinomaru Kotsu, Kokusai Motorcars, Green Cab, Checker Cab Groupの計5社だ。Sonyのサービスはそのアプリも含めて、日本のそのほかのタクシー事業者にも提供される。日本はタクシードライバーが専用の免許を必要とするので、Uberのような企業は東京やその他の大都市でライドシェアリングサービスを提供できない。Uberは今、タクシー会社のない小さな地方都市でのみ操業している。その結果日本では、配車呼び出しアプリが乗客とタクシー免許のあるタクシーを結びつける。タクシー免許のないふつうのドライバーは、だめである。

Sonyのサービスは、ソフトウェア企業のJapanTaxiとToyotaが始めた、やはりAI利用の配車サービスと競合する。この二社の提携は今月初めに発表された本誌記事〕。JapanTaxiによると、日本のタクシーの約1/4に相当する60000台のタクシーが同社のサービスに登録しており、したがって日本のタクシー配車アプリの中でマーケットシェアが最大である。ほかに、 UberDidi Chuxingもライバルだ(両社ともSoftbankが投資)。こちらはタクシー企業Daiichi Koutsu Sangyoとすでに提携している。Uber CEO Khosrowshahiも、今年は日本におけるプレゼンスの拡大に注力する、と言っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: 投資情報



babyblue.jp


ビットバンクトレード

-投資
-

Copyright© 投資で爆即ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。