今の相場環境がどうなのかといった現状認識せずに戦略をたてるべからず

投資で爆即ちゃんねる

ビットバンクトレード





ビットバンクトレード

SBIFXトレード

投資

ビットコインゴールドが大手海外取引所Bittrexに上場し価格が高騰!!

投稿日:

2017年10月24日にハードフォークしたビットコインから誕生したビットコインゴールド(Bitcoin gold 通貨名:BTC)が、大手海外取引所であるビットレックス(Bittrex)上場価格高騰しています。

ビットコインゴールドについてはまだ国内取引所で上場されていませんが、海外の大手取引所に上場したことにより、ますます国内取引所やその他の海外取引所での上場が意識されている状況と言えます。

ビットコインゴールドについては、セキュリティ対策であるリプレイプロテクションを実装し、またマイニングについて従来のマイニングに比べて一般的な参加がしやすくなるなど他のビットコインとビットコインキャッシュと違いがあります。

関連記事▼▼(ビットコインゴールドが誕生)

ビットコインゴールドがビットレックスに上場

 

上のツイッターはビットレックスがビットコインゴールドの取り扱いを表明したものになります。

翻訳→ビットレックスでビットコインゴールドが付与(無料)された。価格が高騰するだろう。

 

ビットレックスに上場後のビットコインゴールです。

まだ時価評価が計算されていませんので、はっきりした時価評価ランキングは不明です。11月22日時点で価格は28000円となっており、24時間の取引金額は210億円となっています。 

210億円の金額自体は仮想通貨の時価評価額ランキングの上位に入る取引量と言えます。

ビットコインゴールドが上場後、11月10日に大きく上場し価格は48000円を記録しました。その後価格が低迷していましたが、11月20日にビットレットクスに上場開始され、再度価格が上場し28000円を記録している状況です。

ビットレットクスは海外大手取引所のため、上場されると取引が増え価格が上昇したということです。

上の画像は取引所ごとのビットコインゴールドの取引量になります。 

一番の取引量はビットレックスでビットコインとビットコインゴールドとなっており、これだけでも全ての取引量の約50%を占めることになります。

関連記事▼▼

国内取引所での取り扱いは近いのか

例えば国内大手取引所であるビットフライヤーは以下の声明を以前に出しています。

当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン 現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であり、 お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お客様はビ ットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。

つまり、ハードフォーク時の10月24日にビットコインを持っていれば同数を付与する予定であると。そしてその場合はビットコインゴールドの安全性が確認された場合とあります。

大手取引所のリリースにより、ビットコインゴールドの国内取引所での付与も近い状況ではないかと言えます。

現時点の価格比較からの考察(11月22日時点)

通貨名 通貨単位 価格
ビットコイン BTC 926000円
ビットコインキャッシュ BCH 131000円
ビットコインゴールド BTG 28000円

11月22日時点のビットコイン関連の価格比較になります。

一番価格が近いビットコインキャッシュになると、ビットコインキャッシュが国内取引所で取り扱いがされた後に一時価格は10万円を突破し、その後価格が下落していたという状況がありました。

しかしながらマイナーの期待がビットコインキャッシュに高まり現在は10万円を突破し13万円台となっています。

関連記事▼▼

ビットコインゴールドが海外大手取引所でリリースされたことが今後他の取引所での取引も加速する可能性あります。それが取引量の増大につながりビットコインゴールドの価格は上昇する可能性があります。

なので、投資するタイミングとして考えるのは

  • 現段階でビットレックスで価格の状況をうかがってビットコインゴールドの取引をする。
  • 国内取引所でリリースされた後にもし価格が高騰したら、様子を見て価格が落ち着いてからの取引を検討する。

リスクを考えて取引する場合は以上のようなことが一例として考えられます。

しかしながらビットレックスで取引するには本人確認(パスポートの提出)が必要となり、それが承認されてから本格的に取引が可能になりますのでその点は注意が必要です。

ビットコインゴールドの今後について

ビットコインゴールドについては従来のコインに比べてマイニングが参加しやすいと言った特徴があり、リリース後にビットコインゴールドがどのように取り扱いされていくかは、その時にその時に判断していくしかなく、現時点でははっきりしないと言えます。

しかしながら付与を受けた人はそのままビットコインゴールドを保持する人が多いと思いますが、ビットコインのハードフォーク時にビットコインをあまり持っていない人はビットコインゴールドを少ししかもらえてない状況かとは思いますが、今後取引を考えている人は価格の急激な高騰に注意をして相場をうかがって取引をしていくのがいいと思います。

ビットコインゴールドはまだリリースしたばかりでビットコイン関連の通貨と比べて当然価格は安くなっています。しかしながらもし今後価格が上がっていくとすれば価格が安いうちに買っておくということは、逆にチャンスとも言えます。*ご自身の判断で投資をされてください。

今後ビットコインゴールドの安全が確認されれば、取り扱いを表明している「コインチェック」や「ビットフライヤー」でビットコインゴールドの取引が可能となる予定です。

ビットコインゴールド対応のコインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインゴールド対応の取引所「ビットフライヤー」はこちら▼

▼▼国内取引所でオススメしたいビットフライヤーはこちらから▼▼(まずはメールアドレスで簡単登録)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Source: 投資



babyblue.jp


ビットバンクトレード

-投資
-

Copyright© 投資で爆即ちゃんねる , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。